自宅ではできない?「テレワーク」に困惑・・・

 「テレワークを始めるって聞いて、ヤッター! 生活時間が自由になる! 通勤しなくて済む、と思って喜んだのよ」というA氏。

最近の電話では「テレワークって大変よ。定時の時間帯は在宅していないと急なやり取りに間に合わないし・・・ トイレに長居もし辛いし・・・ コロナの関係で行動チェックも入るし・・・」と。

 興味が湧いた私はこんな突込みを。「三食どうしてるの?」。彼「コンビニやスーパーの弁当がごちそうだけど、家の近隣ではランチ屋ばかりで、

飽きちゃったよ。そもそも一人ごはんって慣れてないもんね」。

「やっぱりね、金魚の糞みたいにいつも繋がって歩いてるもんね」と私。

 

 こんな会話から始まった電話でしたが、もっと深刻なのが “仕事場” で

した。パソコン1台を置くぐらいのスペースはあっても、2台目とかタブ

レットとか、周辺機器や資料を広げるスペースが無い!と嘆いているのです。

机(テーブル)や椅子も長時間の使用には耐えられないほどの代物とか・・・

「そうよね。疲れるでしょう。ストレッチもできないとか? フフッフ」と

意地悪な私。

 会社の席は仕事がはかどるように作られていますが、独居の若い人の自宅

は、仕事場を前提として作られていませんし、そのようなスペースが取れる

ような住居も持てていないことは容易に推察できます。

 

 コロナ禍をきっかけとして “働き方改革” が進むと政府関係者やマスコミ

はアピールしていますが、それは居住環境が良い人や、それに対応できる

ような環境を作ることができる貯えがある人でしょう。

 企業は在宅ワークで空きが出たスペースの有効活用に動いていますが、

押し出された従業員の「仕事場」の整備には、どのような支援策を出して

いるのでしょう。交通費も減ったでしょうし、オフィスのエアコン費・清掃

費やトイレットペーパー、洗浄剤などの環境整備費も軽くなったことでしょう。

オンラインの事務機器費や通信費、給食費はどのような形で支給されるのでし

ょうか。

テレワーク用のレンタルオフィスやスペースに改装中の空き店舗やホテルが次々

と登場しているという報道が目に付くようになりました。このようなスペースで

仕事をする従業員の費用負担は、事業者に請求できるのでしょうか。この次の

電話では聞いてみようと思っています。

私も在宅勤務と併用していた時期がありますが、個人事業者の時でした。

 

 

事務局のひとりごと 目次へ