“働き方改革”で「参ったまいった」と言う知人・・・

 今年のお正月は “9連休” と言う人が多かったようです。これだけまとまった休日なら、欧州旅行など遠方へも行けたでしょうね。かつての私なら「やったー! バンザーイ」と叫んでいたことでしょう。

 

 年末に「何連休なの?」と聞いたところ、

●「取れるだけ取ってよ、三月末にまとめて取られたら仕事が回らないもんね、と言われたのよ。しょうがないから10連休にしたの」40代事務系女子。

●「30日は大納会だから休みたくないので、周りや家族と相談して、

4+6で10日間の休み」20代証券会社男子。

●「仕事するな、と言うのも大変よ。“9連休” でも持て余しているのに、

どうするんですか、って言う同僚もいて。仕事が気になっているのに・・・、

客回りしたいのに・・・、っていうのもいるしね。いつ休暇をとるかは社員

側はいいけど、管理職側は処罰を受けるンだもんね」営業系管理職男子。

●「正規社員の人はいいけど、私たちは日給制だから・・・」パート職員女子。

 

 働き方改革って何? と思って検索したら、働き方改革一括法は、日本法

における8本の労働法の改正を行うための法律の通称である と出てきました。

その中の一つとして、労働基準法の一部が改正され、正社員はもちろん契約

社員やパート・アルバイトも、次の条件を満たした人は全て、1年間に5日の

有休を取ることが義務化されたのだそうですね。

・入社後6か月が経過している「正社員」またはフルタイムの「契約社員」

・入社後6か月が経過している週30時間以上勤務の「パート・アルバイト」

・入社後3年半以上経過している週4日出勤の「パート・アルバイト」

・入社後5年半以上経過している週3日出勤の「パート・アルバイト」

(※出勤率が8割以上の人)

 

 私は仕事内容の適正化や進捗管理をして、楽しい働き方に改革することかと

思っていたら、有休を取ることが義務化されて罰則まで課されるようになった

から、とにかく先ずは5日は休んでね、と使用者側が頼んでいるということな

のね。必要なときに休暇が取れるようにと溜め込まれて、結果年度末に有給が

残ると使用側に「処罰」が来る! ということのよう・・・

 この「1年間に5日の有休を取ることの義務化」が職務遂行上、どのような

改革に結びつくのか楽しみですね。

 

 

事務局のひとりごと 目次へ