配偶者控除見直し?! 当然でしょ!

つつじ画像

 結婚しているかいないかで待遇の変わる事例は沢山あります。中でも単身けんで不公平感が大きいのは配偶者控除の存在。同じように働いているのに、無職か低所得の妻がいるというだけで税金が低くなり、可処分所得が多いとは。またその存在の理由が「内助の功」? 扶養しているから「恩恵」?

 働きやすくサポートしてくれていて感謝するなら、夫婦間ですればよいこと。税金という国民の義務の中で礼をすべきものなのかしら。

 

 安倍首相は専業主婦のいる世帯の所得の税を軽減する「配偶者控除」や、

社会保険の第3号被保険者制度の見直しを念頭に置いた指示を出したと報

じられています。6月にまとめる成長戦略の改訂版や経済財政運営の基本

指針「骨太方針」に盛り込むことも視野に、検討を進める方針だと言われて

います。

 現行制度では、配偶者の年収が103万円以下の場合、所得税から38万

円が控除されるほか、130万円未満の場合にも、配偶者が社会保険料を負

担しなくていいという「第3号被保険者制度」があります。働かない方が有利な

仕組みとも指摘されており、女性の活躍促進をテーマに開かれた会議では、

民間議員から、廃止も含めた見直しを求める声が相次いだそうです。

 

 私は、見直し“当然”と思っている人です。結婚して生活費を夫に出させている

女性の基礎年金や健康保険料を、自活して頑張っている単身者がなぜ負担し

なければならないのか。ある評論家は「見直しは単に増税」と言っていますが、

この無業や短時間労働の主婦が、自らこれらの社会保障料を払うようになった

ら、今負担している側から言うと「減税」です。

 

 ついでにもう一つ不公平感のある不満を言えば、遺族年金の非課税です。

長年かけてきた年金も、女性が低賃金になるという仕組みの中では受け取る

年金も低額です。優遇され続けた既婚女性が手にする遺族年金は、自前で

取得した年金権で受け取る額よりも多いことが往々にしてあり、その上一方

は非課税で、それに連動して老後の社会保険も減免されているなんて・・・

 1人暮らしの高齢者と言っても、かなり社会的負担は異なります。1人分の

権利も義務も公平であってほしいのですが・・・

 

事務局のひとりごと 目次へ

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    RW (土曜日, 26 4月 2014 11:06)

    こんにちわ 
    私も当たり前だと思います。昔の家族モデルなんて崩壊してます。学校を卒業後、自立した人が、一番損をするのでは、バカバカしすぎます。 基礎控除も個人単位で見直すべきです。年金定期便を見たら、昨年より積立金が増えているのに、受給予想額はダウンしました。65歳になってようやく老齢基礎年金と厚生年金が揃っても、遺族年金レベルに届かないのは、アホらしいです。あと数年で定年になりますが、勤務先が移転します。通勤の負担がのしかかり、そろそろリタイアか?と思うこの頃です。